root/lang/perl/tiarra/trunk/NEWS @ 33535

Revision 11365, 12.2 kB (checked in by topia, 7 years ago)

* merge UTF-8 branch.

  • Property svn:mime-type set to text/plain; charset=UTF-8
  • Property svn:eol-style set to LF
Line 
12004-08-22  Topia  <topia@clovery.jp>
2
3        * Client::Rehash
4          - 追加。クライアントの nick と names を訂正する。
5
6        * System::Error
7          - 追加。クライアントに送信するときに ERROR メッセージを
8            NOTICE に埋め込む。
9          - このモジュールはデフォルトオンです。アップデートの際は忘れずに
10            追加するようにしてください。
11
12        * Log::Channel
13          - Log::Writer フレームワークを使うようにしました。
14          - file system full 等で書き込みに失敗しても、出来る限りログを
15            保持します。
16
172004-07-29  Topia  <topia@clovery.jp>
18
19        * System::NotifyIcon::Win32
20          - 追加。タスクバーの通知領域にアイコンを表示し、コンソールの
21            表示・非表示、 conf リロード、終了などができます。
22
232004-07-09  Topia  <topia@clovery.jp>
24
25        * System::Reload
26          - conf-reloaded-notify を追加。(デフォルトで有効)
27            conf ファイルが再読込された場合に通知します。
28
292004-06-19  Topia  <topia@clovery.jp>
30
31        * Client::Cotton
32          - 追加。いくつかの Cotton の不具合を回避する(予定)。
33            今は network rejoin 時の自動 part を無視します。
34            Client::GetVersion と組み合わせると良いと思います。
35
36        * Client::GetVersion
37          - 追加。クライアントの接続時に CTCP Version を発行して
38            クライアントのバージョンを取得します。
39
402004-06-04  Topia  <topia@clovery.jp>
41
42        * 全般
43          - 今回の変更は RPL_ISUPPORT のクライアントへの送信が必要なければ、
44            再起動する必要はありません。
45            再起動せずにリロードしてもエラーが起こることはないと思います。
46          - 書き忘れていましたが Unicode::Japanese 0.21 (の PurePerl) にて
47            SI/SO な jis への対応が行われています。(2004-05-26 の update)
48
492004-03-07  Topia  <topia@clovery.jp>
50
51        * 全般
52           - taint check モードで動作するようになりました(多分)。
53
542004-02-23  Topia  <topia@clovery.jp>
55
56        * Debug::RawLog
57          - 追加。生の IRC メッセージ(のようなもの?)を ::printmsg を使って
58            表示する。
59
60        * sample.conf
61          - 順序が変わっています。注意してください。
62          - general/omit-sysmsg-prefix-when-possible 削除。
63          - general/sysmsg-prefix-use-masks ブロック追加。
64
65        * Log::Recent
66          - no-client-logs クライアントオプションが追加されました。
67            クライアントオプションの使い方は、
68            realname 部分に $no-client-logs=1$ を指定します。
69            複数ある場合は $no-client-logs=1;a=1;...$ のように指定できます。
70
71        * 全般
72          - クライアントとの接続時にチャンネルの送出順を指定する patch を
73            暫定的に取り込みました。 networks に fixed-channels ブロックを
74            作り、中に channel をキー名としてマスクを列挙します。
75            例:
76              fixed-channels {
77                channel: #てすとちゃんねる@ircnet
78                channel: #てすと@localserver
79                channel: *@localserver
80                channel: *@localserver:*.jp
81              }
82            マッチしなかったチャンネルについては最後にまとめて
83            (順番がごちゃごちゃになって)送られてきます。
84            conf の設定場所は暫定です。変わる可能性があるので注意してください。
85          - doc/ 以下に HTML でのドキュメントが生成されていますが、
86            まだ未調整な部分も多くあるので、正確な記述は sample.conf を参照してください。
87
882004-02-21  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
89
90        * Channel::Freeze
91        freezeコマンドの引数は、これまでは完全なチャンネル名であったが、
92        これはマスクに変更。その時にJOINしている全てのチャンネルの中から
93        マスクに一致した全てのチャンネルを凍結する。
94
95        * 設定 general/omit-sysmsg-prefix-when-possible 追加。
96        これが1である時、sysmsg-prefixはチャンネルに対してのメッセージ
97        でなければ省略する。デフォルトは1。
98
992004-02-15  Topia  <topia@clovery.jp>
100
101        * Client::Cache
102          - 昨日の分だけでは Excess Flood/Max SendQ Exceeded 対策として
103            不十分だったので、アップデートを推奨します。
104          - 2つ以上のクライアントが同時に同じ動作をする場合に、
105            今回の変更で効果が出ます。
106            長すぎず短すぎずの絶妙な差で同じ動作をされた場合には
107            効きませんが、滅多にそんなことはない(と思いたい)です。
108
1092004-02-14  Topia  <topia@clovery.jp>
110
111        * Log::Recent, System::Raw, Channel::Freeze, Channel::Rejoin
112          - これらのモジュールのうち一つでも組み込んでいる場合は、
113            リロードする前に Tiarra を再起動させてください。
114            新たに入った機能を使っています。
115
116        * Client::Cache
117          - 新規追加。クライアントからの問い合わせのうち、
118            Tiarra が情報を持っていて、
119            サーバに問い合わせる必要がないものをキャッシュとして返します。
120          - いまのところ MODE キャッシュと、 WHO キャッシュを実装していて、
121            どちらも、クライアントからの最初の問い合わせのときにのみ
122            キャッシュを使います。
123          - LimeChat(1.18 で WHO 機能を切れるようになりましたが) や、
124            X-Chat などのクライアントを使用されている場合は、
125            組み込むと便利です。
126
127        * Client::Eval
128          - 追加。クライアントからのコマンドしか受け付けませんが、
129            その代わりすべてのコマンドを実行できます。
130            事実上 IRC パスワードがわかれば Tiarra が動いているホスト上で
131            動作しているアカウントの権限で何でもできる、
132            ということに注意してください。
133          - 意味がわからなければ組み込まないことを推奨します。
134            必要な時だけ組み込んで、すぐはずす、というのも良いかもしれません。
135
1362004-01-27  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
137
138        * 行の終わりにCRLFでなくLFを付けるようなクライアントでも
139        正しく動作するようになりました。
140
1412004-01-23  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
142
143        * tiarra: 起動時オプション --make-password 追加。
144        make-passwordの機能をtiarra本体に移した。
145       
146        * make-password: 削除
147
1482003-11-17  Topia  <topia@clovery.jp>
149
150        * Log::Channel
151        mode のデフォルトが 644 から 600 に変更されました。
152        mode をコメントアウトしている場合は注意してください。
153        dir-mode が追加され、デフォルトが 700 です。
154        これも、必要に応じて 755 を指定するようにしてください。
155
1562003-11-09  Topia  <topia@clovery.jp>
157
158        * System::Reload
159        自分自身がリロードできないバグの修正。
160        kill -HUP pid は出来るので、これを使ってリロードしてください。
161
162        * single-server-mode の bugfix です。
163        single-server-mode を使う予定が無い場合は再起動は不要です。
164        single-server-mode を使っている方は、アップデートして再起動して下さい。
165
1662003-11-08  Topia  <topia@clovery.jp>
167
168        * single-server-mode の bugfix です。
169        single-server-mode を使う予定が無い場合は再起動は不要です。
170        single-server-mode を使っている方は、アップデートして再起動して下さい。
171
1722003-10-16  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
173
174        * System::Raw
175        追加。Tiarraに改変されない生のメッセージをサーバーに送るためのモジュール。
176
1772003-10-14  Topia  <topia@clovery.jp>
178
179        * single-server-mode の bugfix です。
180        single-server-mode を使う予定が無い場合は再起動は不要です。
181
1822003-09-28  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
183
184        * tiarra-conf.el:
185        mmm-modeがインストールされていて、(require 'mmm-mode)または
186        (require 'mmm-auto)されている場合に、tiarra-conf用の設定を
187        行った後、それを有効にする。
188
189        mmm-modeのサイトは次のURLに。
190        http://mmm-mode.sourceforge.net/
191
1922003-09-25  Topia  <topia@clovery.jp>
193
194        * このバージョン以前の Tiarra には、
195        モジュールのアンロードをすると原因不明のエラーが起こるバグがあります。
196        また、アップグレードの際には再起動が必要です。
197
1982003-08-12  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
199
200        * シングルサーバーモードを実装。
201        networks/multi-server-modeを0に設定すると、シングルサーバーモードになります。
202        この状態では同時に接続出来るサーバーの数が一つに制限され、クライアントから見た
203        チャンネル名にネットワーク名が付かなくなります。
204
2052003-07-31  Topia  <topia@clovery.jp>
206
207        * mask のチャンネル名にネットワーク名を必要とするように修正した。
208        影響を受けるモジュールは
209          - Auto::Oper
210          - Auto::Random
211          - Auto::Reply
212          - Auto::MesMail
213          - Auto::Alias
214          - Auto::Response
215        です。変更よろしくお願いします。(^^;;
216
2172003-07-10  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
218
219        * Channel::Freeze
220        追加。特定のチャンネルのNOTICEやPRIVMSGの中継を
221        一時的に中断するためのモジュール。
222        発言を見たくないがPARTはしたくない、といった場合に有効。
223
224003-07-03  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
225
226        * Auto::Oper
227        複数の応答が定義されていれば、ランダムに一つ選んで発言する。省略も可能。
228
2292003-06-06  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
230
231        * general/nickを、それぞれのネットワーク設定ブロックのnickでオーバーライド可能に。
232
2332003-05-27  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
234
235        * Tiarra本体の誤動作によりCPU時間を食い潰している可能性を検出して警告する。
236
2372003-05-24  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
238
239        * IPv6対応
240        general/tiarra-ip-versionに'v6'を指定する事で、IPv6でのリスニングを行なう。
241        また、サーバーには最初にIPv6での接続を試みてからIPv4にフォールバックする。
242        詳細はsample.confに。
243       
2442003-05-23  Topia  <topia@clovery.jp>
245
246        * Auto/Reply.pm: 追加。
247          plum の auto/reply.plm に相当する。
248
249        * Auto/Alias.pm: キーを指定しての値削除、削除した個数の表示が可能になったため、
250          サンプルの removed-format が変更されています。好みに合わせて変更してください。
251
2522003-05-21  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
253
254        * tiarra-conf.l: 追加。
255          Noboruhiさんによるxyzzy用tiarra.conf編集モード。
256          インストール方法はtiarra-conf.l内に記述されています。
257
2582003-04-29  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
259
260        * Channel/Join/Kicked.pm: 追加。チャンネルから蹴られた時に、自動JOINするモジュール。
261
2622003-04-13  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
263
264        * User/Vanish.pm: 追加
265          特定のチャンネルでの特定の人物の存在をクライアントに隠すモジュール。
266          JOINやPART、QUIT等を消去する。
267
2682003-04-05  phonohawk  <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
269
270        * モジュール Auto::Joined 追加。
271          特定のチャンネルに誰かがJOINする度に特定の発言を行なうモジュール。
272          チャンネル移転通知以外に使うのはやめた方が良い。
273
2742003-03-28  Topia  <topia@clovery.jp>
275
276        * sample.conf (Auto/Random.pm): 設定に mask プロパティが抜けていました。
277          Auto/Random.pm を使っていた方は、 sample.conf にしたがって適当なところに追加してください。
278
2792003-03-23  phonohawk <phonohawk@ps.sakura.ne.jp>
280
281        * User/Filter.pm: 新規追加。 特定の人物の発言にフィルタをかける。
282
283        * general/bind-addrでサーバーへの接続時のローカル側アドレスを指定可能になりました。
284
2852003-03-23  Topia  <topia@clovery.jp>
286
287        * Channel/Join/Invite.pm: 新規追加。 Invite されたチャンネルに Join する。
288
2892003-03-19  Topia  <topia@clovery.jp>
290
291        * Auto/Random.pm: 設定ファイルの形式がかなり変わっています。
292          sample.conf を参照して書き換えをお願いします。
Note: See TracBrowser for help on using the browser.