Changeset 12014 for docs

Show
Ignore:
Timestamp:
05/20/08 02:34:43 (7 years ago)
Author:
hidek
Message:

modified Moose.ja.pod through Role option

Files:
1 modified

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • docs/moose-ja/Moose.ja.pod

    r12003 r12014  
    468468class being delegated to, then filters that list using the regexp supplied here. 
    469469 
     470正規表現オプションは、メソッドのリストを生成する点を除き、ARRAYオプションと 
     471大変似通った動作をします。委譲されるクラスの全て可能なメソッドを 
     472かき集めることでスタートして、ここで与えられる正規表現を使って リストを 
     473フィルターします。 
     474 
    470475B<NOTE:> An I<isa> option is required when using the regexp option format. This 
    471476is so that we can determine (at compile time) the method list from the class. 
    472477Without an I<isa> this is just not possible. 
     478 
     479B<NOTE:> 正規表現オプションを利用する際には、I<isa>オプションが必須になります。 
     480これはクラスからメソッドリストを(コンパイル時に)決めることができる 
     481ということです。I<isa>なしでは利用できません。 
    473482 
    474483=item C<ROLE> 
     
    480489methods (which is consistent with role composition). 
    481490 
     491roleオプションを使う時は、「インターフェース」が扱うメソッドリストを指定 
     492します。「インターフェース」は以下のように定義されます; roleのメソッドと 
     493どんなroleのメソッドが必須か。いかなるメソッドモディファイアや生成された 
     494アトリビュートメソッド(roleの構成と一致している)も含まないことに 
     495注意する必要があります。 
     496 
    482497=item C<CODE> 
    483498 
     
    485500only use it if you really know what you are doing, as it involves manual 
    486501metaclass twiddling. 
     502 
     503これは本当にファンキーな何かをしたい時に使用するオプションです。 
     504メタクラスをマニュアルにいじることに関係するので、何をしているかを 
     505本当に分かっている時にのみ使うべきです。 
    487506 
    488507This takes a code reference, which should expect two arguments. The first is the 
     
    490509metaclass of the class being delegated to. It expects you to return a hash (not 
    491510a HASH ref) of the methods you want mapped. 
     511 
     512これはCODEリファレンスを受け取り、二つの引数を期待します。一つはこのI<handles>が 
     513付けられるアトリビュートメタオブジェクトです。二つ目は委譲されるクラスの 
     514メタクラスです。マップされたいメソッドのHASH(HASHリファレンスではなく)が 
     515返ることが期待できます。 
    492516 
    493517=back