Changeset 5264

Show
Ignore:
Timestamp:
01/22/08 15:00:07 (7 years ago)
Author:
chiba
Message:

auto-convert-sjis-pictgramがmergeされて
x-sjis-kddi-cp932 <=> x-sjis-kddi-autoのラウンドトリップは無くなったので記述を削除

Files:
1 modified

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • lang/perl/Encode-JP-Mobile/trunk/lib/Encode/JP/Mobile.pm

    r5258 r5264  
    199199KDDI端末から、UTF-8 ページ内の Web フォームに絵文字を入力して送信した場合、x-sjis-kddi でマップされる Unicode 私用領域 (CP932 ベース) とは異なる領域(通称 裏KDDI Unicode)が利用されます。x-sjis-kddi-auto は、この領域と、KDDI 端末の Shift_JIS 外字バイト列とをマッピングしたものです。 
    200200 
    201 I<x-sjis-kddi-auto> と I<x-sjis-kddi> は Unicode 外字領域のコードポイントを相互に共有しているため、ラウンドトリップすることが可能です。つまり、 
    202  
    203   my $bytes = "\xf6\x59";                 # [!] in KDDI/AU 
    204   decode("x-sjis-kddi", $bytes);          # \x{E481} -- CP932 ベースのマッピング 
    205   decode("x-sjis-kddi-auto", $bytes);     # \x{EF59} -- UTF-8 端末変換と同様のマッピング 
    206   encode("x-sjis-kddi", "\x{EF59}");      # $bytes と同じ 
    207   encode("x-sjis-kddi-auto", "\x{E481}"); # $bytes と同じ 
    208  
    209 このようにエンコードする際は、どちらを利用しても同じ結果が得られるため、UTF-8 端末からの入力をそのままデータベースに保存するようなケースでは I<x-sjis-kddi-auto> を利用するとよいでしょう。I<x-sjis-kddi> とは異なり、このエンコーディングに含まれる絵文字は、SoftBank の私用領域と重複しません。 
    210  
    211201現状のバージョンでは、DoCoMo の絵文字をマップした Unicode 私用領域から KDDI/AU 絵文字、SoftBank 絵文字へのマッピングもサポートしています。 
    212202